◆富山メンズエステKOMOREBI◆コハクチョウ飛来

10月19日(火)晴れのち雨

最高気温 21℃最低気温 10℃水確率60%


昨日は寒かったですね・・・

寒気が流れ込んでいる影響で県内は18日朝は今シーズン一番の冷え込みとなりました。

富山市八尾町の田んぼではハクチョウの群れが見られました。


気象台によりますと、県内は上空にこの時期としては強い寒気が流れ込み、晴れて放射冷却現象が起きたことも加わり、18日朝は各地で冷え込みました。

最低気温は上市町の東種で5度ちょうど、南砺市の高宮で7.1度、高岡市の伏木で9.3度、富山市で9.4度などと、県内の10ある観測点すべてで今シーズン一番の冷え込みとなりました。

これは11月上旬から中旬並みの寒さにあたります。

この寒さのなか、富山市八尾町の田んぼでは冬の訪れを告げるハクチョウの群れが見られました。

飛来を確認したのは富山市に住む愛好家の澤江弘一さんで、18日午前9時ごろ、コハクチョウ7羽が田んぼにいるのを見つけました。

コハクチョウはエサを食べたり毛づくろいをしたりして長旅の疲れを癒していました。

澤江さんによりますとコハクチョウは例年10月中旬に飛来してきますが、今年は去年より1日早く18日に飛来が確認できたということです。

これから冬を迎えるにつれてハクチョウの飛来は本格化し、田んぼや池などで優雅に羽を休める姿が見られるということです。

澤江弘一さんは「はるばる何千キロも北からやってくるので無事に帰ってくれたらいいなと思いながら、見守っていきます」と話していました。

気象台によりますと19日の朝も冷え込む見込みで、朝の最低気温は富山市、高岡市の伏木いずれも10度と予想されています。