◆富山メンズエステKOMOREBI◆県内のレギュラーガソリン 小売り価格は依然 高値続く

11月5日(金)晴れ一時雨

最高気温20℃最低気温11℃降水確率20%


県内のレギュラーガソリンの平均小売り価格は169.9円と先週より0.2円低くなりましたが、依然、高値が続いています。


国の委託を受けて、ガソリン価格を調査している石油情報センターによりますと、県内のレギュラーガソリンの平均小売価格は11月1日時点で、1リットルあたり169.9円になりました。

先週より0.2円低くなったものの、ことし初めの水準と比べると1リットルあたり約34円高くなっていて依然、高値が続いています。

石油情報センターによりますと、新型コロナウイルスのワクチン接種が進んだアメリカや中国で経済活動が本格化し需要がさらに高まると予想されるほか、産油国が追加の増産に慎重になっていることなどが影響しているということです。

富山市内のガソリンスタンドに給油に訪れた大阪の男性は「移動手段が車だけなので値段が下がってほしい。できるだけ満タンにしないようにしています」と話していました。

また、福岡県から旅行で訪れたという女性は「10円単位で値段が上昇していると感じます。必要経費だと思って給油をしています」と話していました。

今後の見通しについて、石油情報センターは卸売り価格が値下がりした影響から、レギュラーガソリンの小売価格は来週も小幅に値下がりするのではないかと分析しています。